佐佐木實
english japanese

佐佐木實(ささきみのる)は日本人美術家。東京在住。

私の作品は交信のためのサイン。
離れている相手に対し、一人密やかに準備して、
何かしら意味を生成するであろうものを差しむける。

言語活動は宇宙の生の流動の噴出のひとつである。

言葉/文字を描いていると、形象は出発点から離れ、解体して、
何か違うものになる。
形象が揺さぶられると意味も揺さぶられる。
揺さぶりが起きるのは言語がひっぱりだしてくる生の揺れ動きの力だ。

意識の手さばき、足さばき。はばたき。

交信の本質はこの揺れ動き。
そしてそこからなんらかのタイミングで決断して、
なにかにまとめて、
まとまらぬでも、
相手にサインを送ること。


Photo courtesy of LUKA.

Minoru Sasaki is a Tokyo-based Japanese artist.

My drawings are signs for correspondence.
Secretly I prepare,
To offer to someone at distance,
Something that would generate meanings.

Language is a vital spurt of the Universe.

When I draw words, characters,
I go beyond its original figures,
At times breaking up into parts, to become something else.
Figures get shaken, so do meanings.
They get shaken as a result of the vital dynamism of my existence,
Induced by the use of language.

Feel the agile movements in the arms, legs, and wings of conscience.

Catch the shakes,
Catch the timing to give them a form,
No matter whether it's decisive or not.
That makes a sign. That makes a correspondence.


Photo courtesy of LUKA.

Copyright (C) Minoru Sasaki All Rights Reserved.